キバナアキギリ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
丈は20-40cm、葉は5-10cmの三角状のほこ形で基部が張り出し、長柄があります。
花は茎頂に総状に付き、約3cm、雄しべは2、花柱は長く花冠から突き出て先端が2裂します。花柱や雄しべはふつう、赤味を帯びます。萼には白毛が多く見られます。
長野・群馬には、より丈が大きくて葉が卵心形のシナノアキギリがあります。

 

2017.9.10 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 花6
  • 葉2
  • 葉3
  • 芽出し
  • 芽出し2
  • 参考

キバナアキギリ-全体

林内だけでなく、林縁の道ばたなどでもよく見かけます。
(2015.9 千葉市)

キバナアキギリ-全体2

林内だけでなく、林縁の道ばたなどでもよく見かけます。
(2013.10 千葉市)

キバナアキギリ-全体3

(2016.10 千葉市)


キバナアキギリ-花

花は多段の輪生状に付き、短い柄があります。
(2006.9 千葉市)

キバナアキギリ-花2

萼、上唇などにも開出した毛が見られます。
花柱は赤く、長く突き出て先が2裂。(2015.9 千葉市)

キバナアキギリ-花3

雄しべは4本、うち下唇側の2つは不完全雄しべで、上唇側の2つが完全雄しべ。
(2006.9 神奈川県箱根町)

キバナアキギリ-花4

2つの不完全雄しべの空の葯は合着しています。
(2015.9 千葉市)

キバナアキギリ-花5

萼の稜の部分には単純な開出毛が多く見られました。
(2015.9 千葉市)

キバナアキギリ-花6

萼の毛が腺毛のものもありました。
(2016.10 千葉市)

キバナアキギリ-葉

葉は三角状ほこ形で長い柄があります。長野・群馬県を中心に葉が円心形で
基部が横に張り出さないシナノアキギリがあります。(2016.10 千葉市)

キバナアキギリ-葉2

葉表には軟毛が見られました。
(2017.9 千葉市)

キバナアキギリ-葉2

葉裏は白く、脈上の毛がやや目立ちました。
(2015.9 千葉市)

キバナアキギリ-茎

茎には4稜があり、茎や葉柄は毛が密生。
(2015.9 千葉市)

キバナアキギリ-芽出し

芽吹いたばかりの状態。葉は15mmくらい。
(2016.3 千葉市)

キバナアキギリ-芽出し

少し大きくなった状態。基部はやじり型ですが、まだ横には張り出していない。
(2014.3 千葉市)

キバナアキギリ-参考

下部の葉まで基部の張り出しのないもの。小型の株で時々見られます。このようなものは、
葉の先端が尖らないものが多く、シナノアキギリの卵心形とは異なる。(2016.10 千葉市)