キバナオドリコソウ <参考>

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
園芸逸出したもの。匍匐枝を伸ばして増えるため、群生して見られますが、まだ限定的と思われます。
丈は15-30cm、葉は卵形~浅い卵心形、柄は下部では長く上部では短い。白い斑が入りるものが多くあります。
花はオドリコソウより小さく長さ15mm、形はオドリコソウと似て花冠が基部から立ちあがって上唇が笠状に被りますが、下唇は3裂し裂片の先が尖ることろは異なります。萼裂片も長く伸びません。

 

2019.5.13 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2

キバナオドリコソウ-全体

自然があふれる山中の林道沿いの、あまりにも意外な所で群生していて驚きました。
逸失を見たのは2度目なので、参考掲載することにしました。(2014.5 山梨県忍野村)

キバナオドリコソウ-全体2

(2019.5 山梨県忍野村)


キバナオドリコソウ-花

花の雰囲気はオドリコソウとよく似ていますが、よく見ると、下唇の側裂片が横に大きく拡がり、中央裂片は前に伸び、先端が尖っています。(2014.5 山梨県忍野村)

キバナオドリコソウ-花2

萼の先端は尖りますが、オドリコソウのように長く伸びないようです。
(2014.5 山梨県忍野村)

キハセナオドリコソウ-葉

葉は卵形。中部以下の葉には白い斑がありましたが、時にないものもあるようです。
(2014.5 山梨県忍野村)