コシロネ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
丈は10-40cm、葉はヒメシロネより幅広でシロネより幅が狭く3-4cmの被針形~卵形で、先端は尖り、縁には粗い鋸歯が見られますが、鋸歯先端は鋭く尖りません
花は葉腋に複数密に付き、シロネとよく似ていますが、花の形がふつうの4弁花のようで、唇形花とは呼べないような形をしています。萼の先端は刺状に尖ります。
下部でよく分枝するものをヒメサルダヒコと呼びますが、分けない。

 

2017.10.25 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 芽だし

コシロネ-全体

私の近所では良く見られるシロネ。
(2006.9 千葉市)

コシロネ-全体2

葉先がやや尖り気味のもの。
(2017.10 千葉市)

コシロネ-全体3

都市近郊の放棄された田などでも見られることがあります。
(2016.10 千葉市)

コシロネ-花

花冠の裂片の裂け方はほぼ一様で一見普通の4弁花にしか見えません。萼は狭三角形で
先は鋭く尖ります。茎や葉脈には屈毛が見られます。(2014.9 千葉市)

コシロネ-花2

(2017.10 千葉市)


コシロネ-花3

雄しべ2、わかりにくい写真ですが、矢印が花柱。花冠内側には毛が見られます。
花冠裂片の大きさをよく比べると、下唇中央裂片が少し大きい。(2016.10 千葉市)

コシロネ-実

(2016.10 千葉市)


コシロネ-花・葉

葉の幅はシロネの仲間では中間クラスの被針形~狭楕円形。鋸歯先端は
シロネのように鋭く尖らない。(2014.10 千葉市)

コシロネ-葉2

葉の幅が広く、エゾシロネのように見えるもの。花冠の形や萼の先端形状は明らかに本種
でしたので、未開花期に葉の印象だけで見分けるのは限界がありそう。(2015.9 千葉市)

コシロネ-葉2

葉裏。腺点が見られます。脈上には毛があります。
(2016.10 千葉市)

コシロネ-茎

茎には4稜があります。
(2013.10 宮城県登米市)

コシロネ-芽だし

少々自信がないですが、おそらく・・・。
(2014.4 千葉市)