ミヤマナミキ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
丈は5-15cmほど、葉は薄く三角状卵形で2-3cm、先はあまり尖らず基部はくさび型~切形、粗い鋸歯があって柄はやや長い
花は茎頂に穂状に付き、長さ7-8mm、やや紫色を帯びます。一度に咲く花数は少なく、数輪ずつ下から順に咲き進みます。花冠は基部で60度ほど上に曲がります。下唇には紫斑があります。萼に半円形の付属体があります。

 

2016.7.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

ミヤマナミキ-全体

一度に咲く花は少なく、下から順に数輪ずつ咲き進みます。
(2013.7 東京都高尾山)

ミヤマナミキ-全体2

(2013.7 東京都高尾山)


ミヤマナミキ-花

花は7-8mm、上唇は淡い紫色を帯びていて、下唇に紫斑があります。
(2013.7 東京都高尾山)

ミヤマナミキ-花2

花冠外側に腺毛が見られます。萼には丸い付属体があり、腺毛が見られます。
(2014.7 東京都高尾山)

ミヤマナミキ-花3

(2016.6 東京都高尾山)


ミヤマナミキ-葉

葉は三角状卵形で薄く、柄があります。
(2013.7 東京都高尾山)

ミヤマナミキ-葉2

葉裏に腺点のようなものが見られました。
(2016.6 東京都高尾山)

ミヤマナミキ-茎

茎は無毛。断面は四角形。
(2014.7 東京都高尾山)