ヌマハッカ

top
シソ科 Lamiaceae
シソ科 Rabiatae
丈は30-100cm、葉は2-6cmの卵形~長楕円形でしばしば赤味を帯び、先は尖り、1-2cmの柄があります。縁や葉裏脈上、柄には毛が見られます。茎には4稜があって毛があります。
花は葉腋にまとまって半球形に付き、唇形花で淡ピンク~藤色。

 

2018.9.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

ヌマハッカ-全体

永らく放棄された田の脇を流れる水路の畔に、ミゾソバに混ざって群生していました。
畦も水路の土手も崩れていて、たどり着くまでにどろんこになりました。(2015.10 千葉市)

ヌマハッカ-全体2

(2018.9 千葉市)


ヌマハッカ-全体3

葉裏が赤味を帯びているもの。
(2015.10 千葉市)

ヌマハッカ-花

花は淡ピンク、雄しべ、雌しべが長く突き出ます。
(2018.9 千葉市)

ヌマハッカ-花

花冠喉部に毛が見られました。
(2018.9 千葉市)

ヌマハッカ-花2

苞や萼裂片に長い毛が見られました。
(2018.9 千葉市)

ヌマハッカ-花2

萼の毛が目立ちます。
(2015.10 千葉市)

ヌマハッカ-葉

葉は卵形~楕円形、先は尖り柄が1-2cmほど見られました。鋸歯は縁の半分前後までの
ようです。両面に毛が見られましたが、葉の質はやや薄い。(2015.10 千葉市)

ヌマハッカ-葉

葉が赤味を帯びるもの。
(2015.10 千葉市)

ヌマハッカ-葉3

上:葉表 下:葉裏 両面に小さな腺点が多数見られました。葉裏脈上に毛が見られ、
葉表にも毛が見られましたが、光の加減で写らなかった。(2015.10 千葉市)

ヌマハッカ-茎

茎には4稜があり、稜に屈毛が多く見られました。節や葉柄にも見られました。
(2015.10 千葉市)