オカタツナミソウ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
低山で見られるタツナミソウです。
丈は10-50cm、葉は広卵形~三角状卵形で1.5-5cm、先は鈍く基部は浅い心形、粗い鋸歯があり、両面に毛が多く、柄があります。上部の葉のほうが大きくなります。茎には下向きの毛が見られます。
花は茎頂の短い花序に付き、長さ約2cm、淡紫色。萼に半円状の付属体が付きます。

 

2016.5.31 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

オカタツナミソウ-全体

花は上部に密集して付きます。
(2011.5 茨城県筑波山)

オカタツナミソウ-全体2

(2016.5 東京都八王子市)


オカタツナミソウ-全体3

(2018.5 茨城県筑波山)


オカタツナミソウ-花

花は密に付きますが、タツナミソウより花序は短い。
(2011.5 茨城県筑波山)

オカタツナミソウ-花2

花冠には毛が見られます。
(2016.5 東京都八王子市)

オカタツナミソウ-花3

下唇に斑のないもの。
(2011.5 茨城県筑波山)

オカタツナミソウ-葉

葉は三角状の卵形。
(2011.5 茨城県筑波山)

オカタツナミソウ-葉2

葉は上部で密に付き、その上部の葉の一番下が一番大きい。
(2011.5 茨城県筑波山)

オカタツナミソウ-葉3

葉表。軟毛が見られます。
(2016.5 東京都八王子市)

オカタツナミソウ-葉4

葉裏には腺点が見られます。脈上には毛が見られます。
(2016.5 東京都八王子市)

オカタツナミソウ-茎

茎には下向きに曲がった毛が見られます。
(2016.5 東京都八王子市)

オカタツナミソウ-実

(2011.5 茨城県筑波山)