ラショウモンカズラ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
新緑が芽吹く頃、山の林床で目立つ花のひとつです。
丈は20-30cmほど、葉は三角状心形で粗い鋸歯があり、柄があります。両面には毛が多く見られます。茎にも毛が多い。
花は葉腋に数輪ずつ付き、4-5cmほどあり、この科の植物にしては大きい。下唇は先端が浅く2裂、裂片は白く紫斑があり、下方に反り返ります。
花の終わり頃に走出枝を出します。

 

2018.6.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 花6
  • 花7
  • 葉2

ラショウモンカズラ-全体

春の林内では一際目立つ花です。
(2008.5 群馬県・旧新治村)

ラショウモンカズラ-全体

希に見る豪華な株。
(2013.6 長野県松本市)

ラショウモンカズラ-全体3
谷川岳・一の倉沢出合いに咲いていました。
いくつかが摘まれて、墓標に捧げてありました。摘んではならぬはずですが、
身に染みて思いの深い光景でした。(2008.5 群馬県・旧水上町)

ラショウモンカズラ-花

雄しべは4本、うち2本は短く2本は長い。花柱先端は2裂。
(2013.6 長野県松本市)

ラショウモンカズラ-花2

花冠外側にまばらに毛が見られます。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)

ラショウモンカズラ-花3

下唇の2裂した裂片は山型に折れ曲がったような姿。
白くて濃い紫色の斑があり、長い毛もあります。(2008.5 長野県・旧望月町)

ラショウモンカズラ-花4

雄しべ4 花柱は上唇に沿って伸びますが、花冠から外にはほとんど出ない。
(2015.5 東京都八王子市)

ラショウモンカズラ-花5

花柱先端は2裂。写真の葯はまだ裂開していない。
(2016.4 東京都高尾山)

ラショウモンカズラ-花6

下から見たもの。中央に稜が走り、おそらくこの稜が、頭でっかちの花の形を支えている。
(2016.4 東京都高尾山)

ラショウモンカズラ-花7

萼は毛が多く、先端が5裂で裂片は三角状。15個の脈があるそうです。
(2016.4 東京都高尾山)

ラショウモンカズラ-蕾

(2017.4 東京都高尾山)


ラショウモンカズラ-葉

葉は三角状~心形で基部は心形。
(2008.5 長野県・旧望月町)

ラショウモンカズラ-葉2

葉の両面、縁に毛が多く見られます。
(2015.5 東京都八王子市)

ラショウモンカズラ-茎

茎や葉柄に下向きの毛が見られます。
(2015.5 東京都八王子市)

ラショウモンカズラ-春

10cmほどとだいぶ大きくなってしまっていましたが・・・。
(2016.4 長野県辰野町)