タチキランソウ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
一見ではキランソウと見分けは付きませんが、花の上唇が大きくて、兎の耳状になるものです。
丈は5-10cm、茎は匍い長さは20cm程度になります。葉はキランソウとほぼ同じで、倒被針形、鈍頭で縁に波状鋸歯があり、毛が多い。鋸歯が重鋸歯になると記載した図鑑もあります。
花は葉腋に付き、花冠1cm、紫色、下唇は3裂。

 

2019.5.15 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

タチキランソウ-全体

雰囲気はキランソウと同じなので、気をつけてみないと見逃しそう。
(2019.5 静岡市)

タチキランソウ-全体

(2008.4 静岡県富士宮市)


タチキランソウ-全体3

身近な所でも見つかりました。
(2013.4 千葉市)

タチキランソウ-花

(2010.5 山梨県早川町)


タチキランソウ-花2

上唇が大きくて立ち上がり、2裂し、先は尖ります。
ニシキゴロモの色違いのような印象。(2019.5 静岡市)

タチキランソウ-花3

(2019.5 静岡市)


タチキランソウ-葉

葉はキランソウと同じですが、小さいものが多い気がします。
(2016.5 静岡県富士宮市)

タチキランソウ-葉2

葉裏脈状にも長毛が見られます。
(2019.5 静岡市)

タチキランソウ-茎

(2019.5 静岡市)