トウバナ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
初夏に田んぼの回りでよく見る花。
丈は10-30cm、茎に下向きの毛があります。葉は1-3cmの卵形~広卵形、長卵形で、先は鈍頭、基部は円形、柄があります。
花は上部に数段に輪生状に多数付き、淡ピンク色で約5mm、下唇は3裂し、内側に濃いピンクの斑があります。萼には短毛が見られます。

 

2019.5.6 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 早春

トウバナ-全体

葉腋に多数の花が輪生状に数段付きます。咲きはじめでピンク色に
見えるものも多くは蕾。(2017.4 千葉市)

トウバナ-全体2

(2019.5 千葉県睦沢町)


トウバナ-全体3

(2017.4 千葉市)


トウバナ-全体4

(2017.5 千葉市)


トウバナ-花

(2019.5 千葉県睦沢町)


トウバナ-花2

下唇は3裂、上唇は2裂。上萼片は3裂、下萼片は2裂。
(2019.5 千葉県睦沢町)

トウバナ-花3

萼に毛が見られ、花冠にも微毛が見られました。
(2019.5 千葉県睦沢町)

トウバナ-葉

葉は卵形~広卵形。基部が円形・・・とありますが、切形のものも多いように感じます。
(2017.4 千葉市)

トウバナ-葉2

毛が見られ、特に柄から続く脈上に多く見られました。
(2016.4 千葉市)

トウバナ-葉3

葉裏。まばらに腺点があるように見えました。
(2016.4 千葉市)

トウバナ-茎

茎には稜があり、稜に下向きの屈毛が見られました。
(2016.4 千葉市)

トウバナ-早春

3月上旬の様子です。
(2014.3 千葉市)