ヤマトウバナ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
丈は10-30cm、葉は2-5cmの卵形~長卵形でまばらに毛が見られ、縁には粗い鋸歯があって、柄があります。葉裏の腺点は不明瞭。
花は茎頂の短い花序に付き、花冠8-9mmで白色イヌトウバナに比して下唇がやや短い。萼に粗い毛が見られます。

注:筆者はヒロハヤマトウバナ(var. latifolium)を正しく認識できていないため、これを含む可能性があります。

 

2015.7.20 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2

ヤマトウバナ-全体

茎頂のみに花序を付けます。
(2015.7 群馬県片品村)

ヤマトウバナ-全体2

あまり花数は多くないようです。
(2014.7 神奈川県箱根町)

ヤマトウバナ-全体3

(2014.7 神奈川県箱根町)


ヤマトウバナ-花序

上唇は浅く2裂します。
(2014.7 神奈川県箱根町)

ヤマトウバナ-花2

萼にはまばらに毛が見られます。
(2014.7 神奈川県箱根町)

ヤマトウバナ-葉

葉は長卵形~卵形。粗い鋸歯があります。写真のものは上部の葉で小さく丸い。
(2014.7 神奈川県箱根町)

ヤマトウバナ-葉2

葉の両面に粗い毛が見られます。
(2014.7 神奈川県箱根町)

ヤマトウバナ-茎

茎には下向きの、葉柄には上向きの細毛が多く見られました。
(2014.7 神奈川県箱根町)