ハナヒョウタンボク

top
スイカズラ科 Caprifoliaceae
2-4mになる落葉低木。
葉は対生し、5-9cmの卵状長楕円形、先は鋭頭、基部はくさび形、両面に屈毛があり、匍うらに油点が見られます。
花は枝の上部の葉腋から伸びる短い柄に2個ずつ付き、始めは白色で後に黄色、花冠は長さ2cmほどの唇形花で上唇は4裂、下唇は広線形。萼は先が5裂、苞は線状被針形で早落します。

 

2019.6.23 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 果期
  • 果期2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 葉2

ハナヒョウタンボク-全体

思ったより丈が大きく、その全体に見事に蕾(花)を付けていました。
全部咲いたら見事だろうと思った。(2019.6 長野県)

ハナヒョウタンボク-全体2

(2019.6 長野県)

ハナヒョウタンボク-全体3

(2018.6 長野県)


ハナヒョウタンボク-全体4

咲き始めで、写真のうち、咲いているのはわずか。
(2018.6 長野県)

ハナヒョウタンボク-果期

赤い果実が沢山付いて、綺麗でした。
(2018.9 長野県)

ハナヒョウタンボク-果期2

(2018.9 長野県)


ハナヒョウタンボク-花

葉腋からごく短い柄があり、その先に2個花がつきます。
写真から推測すると、柄は5mmくらい。(2018.6 長野県)

ハナヒョウタンボク-花2

線状被針形の苞が2つ見られますがも早落性なので、まもなく落ちると思われます。
(2018.6 長野県)

ハナヒョウタンボク-花3

花冠は長さ2cm、雄しべは5。
(2018.6 長野県)

ハナヒョウタンボク-花4

上唇は4裂、下唇は広線形。
(2018.6 長野県)

ハナヒョウタンボク-花5

萼の先は5裂で毛が見られます。花冠にも微細な毛があるようでした。
(2018.6 長野県)

ハナヒョウタンボク-実

果実はふつう2こずつ付き、合着しない。右は1個が不稔か脱落してしまったもの。
(2018.9 長野県)

ハナヒョウタンボク-葉

葉は卵状長楕円形。
(2018.6 長野県)

ハナヒョウタンボク-葉2

匍うらにも屈毛があり、油点があるそうですが、確認できなかった。
(2018.6 長野県)

ハナヒョウタンボク-枝

(2018.6 長野県)