イボタヒョウタンボク

top
スイカズラ科 Caprifoliaceae
1-4mの落葉低木。よく分枝し、新枝は紫褐色。
葉は対生し、1-2cmの長楕円形、先は短く尖り、基部はくさび形、全縁、両面に軟毛が見られ、裏面脈上には密生します。
花は上部の葉腋から伸びた1cm前後の柄に2つずつ付き、始めは淡黄色で、後に黄色味を増します。花冠は唇形で1cm、上唇は浅く4裂、下唇は線形、筒部に膨らみがあります。雄しべは5個と花柱は花冠から飛び出ます。

 

2019.6.6 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3

イボタヒョウタンボク-全体

淡黄色~黄色の小型の唇形花を多数付け、よく目立っていました。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)

イボタヒョウタンボク-全体2

(2019.6 長野県茅野市)


イボタヒョウタンボク-全体3

右が咲き始め、左が開花して時間が経過したもの。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)

イボタヒョウタンボク-全体4

林内では枝は細く、やや垂れ下がるように拡がっていました。
(2018.6 長野県茅野市)

イボタヒョウタンボク-全体5

光陽地では、枝は立ち上がっていました。
(2018.5 長野県立科町)

イボタヒョウタンボク-花

苞は3-4mmの線状被針形で毛が見られました。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)

イボタヒョウタンボク-花2

(2018.6 長野県 旧・八千穂村)


イボタヒョウタンボク-花3

花糸や花柱の下部に毛が見られました。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)

イボタヒョウタンボク-花4

花冠筒部の途中に丸い膨らみが見られます。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)

イボタヒョウタンボク-葉

葉は長楕円形。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)

イボタヒョウタンボク-葉2

表面に柔らかな毛が見られます。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)

イボタヒョウタンボク-葉3

葉裏には軟毛が多く、脈上の毛はやや長い。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)