キパナウツギ

top
スイカズラ科 Caprifoliaceae
落葉低木で~3m。枝には2列の毛があります。葉は4-9cmの楕円形~長楕円形で先は長く伸びて尖り、基部は広いくさび形、両面に毛があり、ほぼ無柄。
花は無柄で、やや緑色っぽい黄色、花冠3.5-4.5cmの漏斗型で半ばで急に膨らみ、花冠下側の内側にオレンジ色の編み目模様があります。花冠内側や萼に毛がある。花のあと、萼は脱落

 

2019.6.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 葉2
  • イレギュラー

キバナウツギ-全体

このあたりは5月下旬頃咲くようですが、いつも時期を外してしまいます。
(2019.6 山梨県三ツ峠山)

キバナウツギ-参考

一見では普通のキバナウツギですが・・・
(2018.5 山梨県三ツ峠山)

キバナウツギ-全体3

(2018.5 栃木県 旧・粟野町)


キバナウツギ-全体4

丈は2-3m。上部の葉腋に2つずつ花が付きます。
(2013.6 三ッ峠山)

キバナウツギ-花

良く似たウコンウツギとの違いは、花冠の途中から急に太くなることで、ウコンウツギは
基部付近からすぐ太くなり始めます。葉は楕円形~長楕円形。(2013.6 三ッ峠山)

キバナウツギ-花2

(2018.5 栃木県 旧・粟野町)


キバナウツギ-花3

下側の内側にオレンジ色の班が見られます。
(2018.5 栃木県 旧・粟野町)

キバナウツギ-花4

萼裂片は下側2つが長く、上側3つが短い。全体に毛があり、
花が終わる頃までに早落します。(2018.5 栃木県 旧・粟野町)

キバナウツギ-花5

この地域のものは、どれも萼の上側裂片が小さかった。
前者とどちらが典型かはわからない。(2018.5 山梨県三ツ峠山)

キバナウツギ-葉

葉は楕円形~長蛇運慶、先は長く伸びます。表面に毛が多い。
(2018.5 山梨県三ツ峠山)

キバナウツギ-枝

葉裏脈上や縁に毛が多く見られました。新枝にもある。
(2018.5 栃木県 旧・粟野町)

キバナウツギ-参考

花冠の縁が赤いもの。
(2018.5 山梨県三ツ峠山)