ウグイスカグラ

top
スイカズラ科 Caprifoliaceae
丈は1-2mほど、葉は3-6cmの広楕円形~倒卵形、両面ともに無毛で、葉裏はやや白い。
花は枝先の葉腋から伸びた柄に1個、希に2個付き、花冠は1-2cm、下向きに咲きます。花や花柄に毛はありません
花が柄に2つつくことが多いものはヒョウタングミと呼ばれますが、分類上はウグイスカグラと同じもの。

 

2020.3.27 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉3
  • 樹皮
  • ヒョウタングミ
  • 同2

ウグイスカグラ-全体

桜が咲き始めた時期に見られました。
(2019.3 千葉市)

ウグイスカグラ-全体2

ほとんど毛は見られません。時にはじめに毛が見られるものもありますが、
のちに脱落します。(2019.3 千葉市)

ウグイスカグラ-全体3

花は葉腋から伸びる柄に1-2個付きます。
(2020.3 千葉市)

ウグイスカグラ-全体4

果期。
(2018.4 千葉市)

ウグイスカグラ-花

朝はまだ氷点下まで下がるのに、陽当たりの良い所で1株だけ2輪、咲いていました。
寒いせいか、花柄も短かく、葉も未展開。(2017.3 東京都高尾山)

ウグイスカグラ-花2

咲きはじめたばかりで花柱がまだ短い。
(2019.3 千葉市)

ウグイスカグラ-花3

花冠や萼、柄などに毛は見られませんでした。
(2020.3 千葉市)

ウグイスカグラ-花4

(2007.4 筑波山)


ウグイスカグラ-実

若い果実。
(2018.4 千葉市)

ウグイスカグラ-実2

熟した果実。
(2018.4 千葉市)

ウグイスカグラ-葉

葉は広楕円形~倒卵形。
(2019.3 千葉市)

ウグイスカグラ-葉2

葉は無毛。白い小さな点は花粉。
(2020.3 千葉市)

ウグイスカグラ-葉2

葉裏はやや白く、ふつう無毛。
(2020.3 千葉市)

ウグイスカグラ-葉

はじめ縁や葉裏脈上に毛が見られるものもありますが、後に無毛になる。
(2018.3 千葉市)

ウグイスカグラ-枝

若い枝。
(2018.4 千葉市)

ウグイスカグラ-樹皮

(2020.3 千葉市)


ヒョウタングミ-全体

多くが柄に2花付くもの。ウグイスカグラの変化の範囲と考えられ、
分類上はウグイスカグラに含まれる。(2020.3 千葉市) <植栽>

ヒョウタングミ-花

ここのものには苞のみに腺毛が見られた。ウグイスカグラの仲間には中間型があることが知られており、この形態もその1つと思われました。(2020.3 千葉市) <植栽>