ヒツジグサ

top
スイレン科 Nymphaeaceae
葉は8-19cmの卵円形~楕円形で基部は深い心形、長い柄があり、多くは水面に浮き、時に水上に立ちあがります。
花は径5cm、花弁は8-15枚で、外面が緑色の萼とほぼ同長。果実は水中で熟します。
なお、従来エゾノヒツジグサ と呼ばれた葉の裂け方の浅いものは、本種に含まれます。

※ かつてはエゾノヒツジグサの学名。こちらが基準変種名なので、統一和種名がヒツジグサとなっても学名はこちらが使用される。

 

2019.7.11 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 紅葉

ヒツジグサ-全体3

池塘にあるイメージがありますが、本来は低温の池ならどこにでもある植物。
海岸に近い池で群生していました。(2019.7 青森県 旧・木造町)

ヒツジグサ-全体2

(2012.7 青森県南八甲田)


ヒツジグサ-全体3

(2012.7 青森県南八甲田)


ヒツジグサ-全体3
平地の池本来の環境が残るここでは、ジュンサイ(1)、エゾノヒルムシロ(2)、
イヌタヌキモ、マルバオモガタ、コウホネなどと多様な水性植物と一緒に見られた。
(2019.7 青森県 旧・木造町)

ヒツジグサ-花

花は夜になると閉じます。
(2016.7 群馬県尾瀬)

ヒツジグサ-葉

葉は広楕円形。
(2016.7 群馬県尾瀬)

ヒツジグサ-紅葉

秋の池塘を彩ります。
(2008.9 尾瀬)