コウホネ

top
スイレン科 Nymphaeaceae
沈水葉は10-50cmの長卵形で縁は波立ち膜質で薄い。気中葉と浮葉は20-50cmの長卵形~長楕円形で基部は矢尻形に凹み、長柄があり、厚みがあって光沢があります。
花は水上に花茎を伸ばして径4-5cm、花心の柱頭部は黄色い。花弁に見える萼は5-6個で花が終わると緑色になり、果実を包んで水中に没します。
良く似たネムロコウホネは沈水葉が広卵形~円心形。

 

2017.6.28 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 葉2
  • 芽出し
  • 芽出し2

コウホネ-全体

沼に自生していたもの。
(2013.6 青森県 旧・木造町)

コウホネ-全体

近所の放棄田の小川に群れていたもの。この小川は湧き水が流れています。
こういう発見とてもうれしいです。(2011.6 千葉市) <自生>

コウホネ-全体3

流れがあるので、花が傾いてしまっているものが多い。
(2011.6 千葉市) <自生>

コウホネ-全体4

新たに拡がったエリアの若い株と思われるもの。気中ははなく、
すべて沈水葉のみでした。花は未開花。(2017.6 千葉市) <自生>

コウホネ-全体5

植栽のもの。水面下に沈水葉が多数見られる。
(2017.5 千葉市) <植栽>

コウホネ-花

これは公園に植栽されたものです。花弁に見えるものは萼で、
花弁はその内側にある小さな舌状のもの。(2016.7 千葉市) <植栽>

コウホネ-実

(2011.6 千葉市) <自生>


コウホネ-葉

葉は長卵形で20-30cmほど。葉が立っていますが、
自生は普通、もっと横に広がっています。(2007.5 千葉市) <植栽>

コウホネ-葉2

沈水葉は長楕円形。
(2017.5 千葉市) <自生>

コウホネ-芽出し
今年は湧水量が多くて小川の流れが早く、波だってうまく撮れませんでしたが、
葉が両サイドから丸まって出てくるのは確認出来ました。
水中葉は確認できず。(2014.3 千葉市) <自生>

コウホネ-芽出し2

自生は見にくかったので・・・こちらは浅い水深の植栽のもの。
(2016.3 千葉市) <植栽>