エゾアオイスミレ

top
スミレ科 Violaceae
アオイスミレによく似ていますが、葉先が尖ること、越冬葉のないことなどが特徴です。
丈は3-10cmで有茎。葉は卵形で先が尖り基部は心形、葉の両面に毛が多く見られます。托葉は櫛形。
花はアオイスミレより側弁がやや開き気味で、色が濃いものが多い。唇弁に紫条があって花柱は下を向く。距は短め。
白花はシロバナテシオスミレと呼ばれます。テシオスミレは本種の別名。

 

2015.4.27 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花正面
  • 花2
  • 花 横
  • 托葉
  • 葉2

エゾアオイスミレ-全体

アオイスミレに比べて花色が濃い。
(2012.4 長野県大町市)

エゾアオイスミレ-全体2

積雪地では、このように賑やかに咲いていることが多く見られます。
(2015.4 長野県白馬村)

エゾアオイスミレ-花

アオイスミレより側弁はよく開き、色の濃いものが多いそうですが、
これだけでは見分けにくい。(2012.4 長野県大町市)

エゾアオイスミレ-花2

花柱は下向きの鍵型。
(2015.4 長野県白馬村)

エゾアオイスミレ-花3

距は短め。毛がやや多く、萼などにも毛が見られました。
(2012.4 長野県大町市)

エゾアオイスミレ-葉

葉は卵形で先端が尖ります。花期は葉が展開しきっていないとのこと。
(2012.4 長野県大町市)

エゾアオイスミレ-托葉

托葉は櫛形。
(2012.4 長野県大町市)

エゾアオイスミレ-葉2

花は終わってもあまり大きくなりません。
(2011.4 山梨県三ッ峠山)