フモトスミレ

top
スミレ科 Violaceae
花は小さいですが、すっきりした感じのすみれです。
丈は3-6cm、葉は1-3cmとやや小さく卵形~広卵形で水平に展開し、先は尖り基部は心形、葉裏は赤味を帯びます
花も小型で側弁に毛が見られ、唇弁に赤紫色の線状の斑が入ってやや小さく、上弁は反り返る。距が赤いものが多い
葉に斑がはいるものをフイリフモトスミレと呼びます。良く似たヒメミヤマスミレとは葉裏が赤いことで区別します。

 

2019.5.12 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花正面
  • 花正面2
  • 花 横
  • 花横2
  • 変化

フモトスミレ-全体

全体にやや赤みの強い個体。
(2008.5 栃木県日光市)

フモトスミレ-全体2

立派な株。これだけ花を付ける株は多くない。
(2012.5 群馬県妙義山)

フモトスミレ-全体3

茎が極端に赤くなかったもの。花色も赤味は少ない。
(2019.5 東京都奥多摩町)

フモトスミレ-全体4

(2012.5 栃木県鹿沼市)


フモトスミレ-花

側弁に毛が多く見られます。唇弁は細く、上弁は後ろに反り返ります。
(2008.4 静岡県富士宮市)

フモトスミレ-花2

(2015.4 千葉県 旧・天津小湊町)


フモトスミレ-花2

ふつう、距は赤く、花弁の裏側も赤紫色になるものもあります。
(2008.5 栃木県日光市)

フモトスミレ-花3

見事なまでに赤い距の個体。周辺のものは全部こんな感じでした。ふつうはここまでは
赤くなりません。花弁の裏側が赤紫色になるものもあります。(2009.4 栃木県鹿沼市)

フモトスミレ-葉

葉は水平に展開します。形は卵形だが、先が尖るもの、丸いものなどあります。
葉裏は赤みを帯びます。(2008.4 栃木県日光市)

フモトスミレ-変化

側弁が小さく、閉じ気味に変化していました。
(2012.5 東京都三頭山)