シハイスミレ

top
スミレ科 Violaceae
丈は5-8cm、葉はふつう横~斜め上に伸び、長卵形~被針形で先は尖り基部は心形、葉裏はふつう赤い
花はふくよかで華やかなピンク色ですが、似たマキノスミレよりも花色は淡い。側弁に毛はなく、花茎なども赤味を帯びることが多い。
葉に白い斑が入るものをフイレシハイスミレ、花色が白のものをシロバナシハイスミレと呼びます。

 

2016.2.26 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花正面
  • 花2
  • 花 横

シハイスミレ-全体

花色はマキノスミレより淡いものが多く、かなり白っぽいものも見られました。
(2011.4 山梨県三ッ峠山)

シハイスミレ-全体2

花色の薄いもの。白っぽいので光がハネてしまった。
(2011.4 山梨県三ッ峠山)

シハイスミレ-全体3

(2011.4 山梨県三ッ峠山)


シハイスミレ-全体4

自宅近くの古い集落の中の小さな森の小径脇に少数が散在していたもの。
(2010.3 千葉市)

シハイスミレ-花

側弁に毛はありません。
(2011.4 山梨県三ッ峠山)

シハイスミレ-花2

ややボケてしまったので、少し鮮明化処理しています。
(2011.4 山梨県三ッ峠山)

シハイスミレ-花3

距はマキノスミレよりやや短めです。
(2011.4 山梨県三ッ峠山)

シハイスミレ-葉

多かれ少なかれ、多少脈が白く見えるものが多いようです。
(2011.4 山梨県三ッ峠山)