スミレ

top
スミレ科 Violaceae
「にっぽんのすみれ」といった趣で派手さはありませんが、全体に端正な姿です。
丈は7-15cm、葉は三角状被針形~長楕円状被針形で斜め上に展開し、先は鈍頭、基部は切形~くさび形で低鋸歯があり、やや厚くやや光沢があります。柄にははっきりとした翼が見られ、毛の見られるものもあります。
花は濃い紫色で、唇弁中央はふつうやや白く、側弁に毛が見られます。萼片は被針形で先端が尖り、距はやや長い。

 

2017.4.26 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花正面
  • 花2
  • 花 横
  • 葉2
  • 葉3
  • 色変わり

スミレ-全体

田んぼの縁の土手などで沢山見られました。
(2016.5 新潟県 旧・高柳町)

スミレ-全体2

(2015.5 新潟県十日町市)


スミレ-全体3

(2017.4 千葉市)


スミレ-全体4

(2016.5 新潟県 旧・高柳町)


スミレ-花

ふつう舌弁の中央部分だけは白くなります。側弁の基部に毛があります。
花柱の先端に小突起があります。(2016.4 栃木県宇都宮市)

スミレ-花2

花柱先端は膨らむ。
(2016.4 栃木県宇都宮市)

スミレ-花2

距の色は紫色ですが、少し白いものもあります。花茎にはふつう毛がありますが、
写真のようにないものも見られます。(2017.4 千葉市)

スミレ-葉

葉はヘラ形、基部は切形~くさび形、長い柄があり、柄には幅広い翼があります。
(2016.4 栃木県宇都宮市)

スミレ-葉2

ふつう、柄には毛が多く見られます。
(2016.4 栃木県宇都宮市)

スミレ-葉3

葉裏。脈上などに毛が多い。
(2016.4 栃木県宇都宮市)

スミレ-変化

(2011.4 静岡県富士宮市)