ボントクタデ

top
タデ科 Polygonaceae
丈は40-100cm、茎は直立します。葉は5-10cmの披針形~広被針形で両面に腺点があり、脈上に毛があり、中央に八の字の斑文があります。托葉鞘は筒形で、基部に伏毛があり、淵に長い毛があります。
花は5-12cmの細長いまばらな総状花序に付き、先が垂れます。花は花弁がなく、萼は蕾は赤く、開くと淡ピンクで基部が緑色、腺点があります。

 

2019.10.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 葉2
  • 托葉鞘

ボントクタデ-全体

花序は長く、先端は垂れます。
(2016.9 千葉市)

ボントクタデ-全体2

(2016.9 千葉市)


ボントクタデ-全体3

(2018.10 千葉市)


ボントクタデ-全体3

(2012.9 東京都高尾山)


ボントクタデ-花

(2016.9 千葉市)


ボントクタデ-花2

花は間欠的に付きます。
(2008.9 高尾山)

ボントクタデ-花2

萼には腺点が見られます。
(2019.10 千葉市)

ボントクタデ-花4

萼には腺点が見られます。
(2019.10 千葉市)

ボントクタデ-花5

苞にも縁毛が見られました。
(2016.9 千葉市)

ボントクタデ-葉

葉は被針形、中央に斑が入ります。
(2016.9 千葉市)

ボントクタデ-葉2

葉裏。目立たない腺点が多数あり、毛も見られました。
(2018.9 千葉市)

ボントクタデ-托葉鞘

托葉鞘は筒型で毛が長く飛び出ます。面にも毛があるようでした。
(2016.10 千葉市)

ボントクタデ-種

種子は2.5-3.5mmとやや大きく、3稜があり、暗褐色~黒色で光沢はない。
(2018.11)