ギシギシ

top
タデ科 Polygonaceae
若い芽は食用になります。雌雄同株。
丈は40-100cm、茎は緑色。葉は10-25cmの長楕円状被針形で、縁は波立ち基部は鋭形~やや心形、柄があります。
茎の上部で枝分かれし、花は輪生状で全体として円錐状に付きます。花は淡緑色、雌花の内花被片は花後に肥大し、広卵状心形で縁に低鋸歯があり、こぶ状突起は長卵形

 

2017.6.11 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 実2
  • 花2
  • 花3

ギシギシ-全体

海岸の草地で見られたもの。
(2014.6 青森県深浦町)

ギシギシ-全体

(2017.6 千葉県館山市)


ギシギシ-花

区別点としてよく用いられる果実の形状・・・翼に低い鋸歯が見られます。
が、この程度果実が大きくならないと、鋸歯ははっきりしません。(2006.10 千葉市)

ギシギシ-実2

(2017.6 千葉県館山市)


ギシギシ-花

雌性期
(2013.7 千葉市)

ギシギシ-花2

雄性期
(2013.7 千葉市)

ギシギシ-花3

花が終わったばかりの状態。翼の鋸歯はまだはっきりしていません。
(2013.7 千葉市)

ギシギシ-葉

葉の縁は波立ちます。基部はやや心形~円形。
(2011.5 千葉県館山市)

ギシギシ-茎

(2017.6 千葉県館山市)