クリンユキフデ

top
タデ科 Polygonaceae
丈は15-40cm、根生葉は5-10cmの卵形で長い柄があり、先がはっきりと尖り基部は心形、裏面は白い。上部の茎葉は茎を挟むように茎を抱きます。根生葉と花茎は別々にならない。
花は茎頂に付く花序は長く、葉腋に付く花序は短い。花には花弁はなく、萼は5深裂、雄しべ8、花柱3。
なお、よく似たハルトラノオは根生葉と花茎は別々に出ます。

 

2018.6.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 葉5
  • 花後

クリンユキフデ-全体

咲き始めのもの。
(2008.4 山梨県 旧・大和村)

クリンユキフデ-全体

上部の葉は柄がなく、茎を抱きます。
(2008.5 長野県南牧村)

クリンユキフデ-全体3

(2018.5 山梨県三ツ峠山)


クリンユキフデ-全体4

(2009.6 山梨県・三つ峠山)


クリンユキフデ-花

花弁に見えるのは萼。雄しべはやや突き出ます。
(2008.5 栃木県日光市)

クリンユキフデ-花2

裂開前の葯は淡ピンク色でした。
(2008.5 長野県上高地)

クリンユキフデ-蕾

開花前の状態。上部k葉は裏側に巻いていて、広線形のように見えます。
(2009.4 山梨県 旧・大和村)

クリンユキフデ-葉

上部の茎葉は茎を抱くように付きます。
(2008.5 栃木県日光市)

クリンユキフデ-葉2

葉裏には毛が散生しているようでした。
(2018.5 山梨県三ツ峠山)

クリンユキフデ-葉3

下部の茎葉。柄があり卵形~卵心形、托葉鞘は筒形。
(2018.5 山梨県三ッ峠山)

クリンユキフデ-葉4

托葉は筒型。
(2018.5 山梨県三ツ峠山)

クリンユキフデ-葉5

葉は卵状の心形で長い柄があります。
(2018.5 山梨県三ツ峠山)

クリンユキフデ-花後

ほぼ全部が根生葉で、花期のみのよりだいぶ大きい。
(2018.6 長野県 旧・八千穂村)