ナガバノウナギツカミ

top
タデ科 Polygonaceae
丈は30-100cm、下部は地を匍い、上部は立ち上がります。茎にまばらに下向きの刺毛があります。葉は6-11cmの卵状被針形~披針形で基部はほこ形、柄は短いですが茎を抱くような姿にはならない。托葉鞘は長い筒形で、先端は切形、縁毛が見られます。
花は枝先に球状に密に多数付き、花弁はなく、萼は先がピンク色。花柄に腺毛が見られます。

 

2017.10.15 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 托葉鞘

ナガバノウナギツカミ-全体

ウナギツカミなどと異なり、葉の基部が矢尻形にならない。
(2017.10 千葉県 旧・成東町)

ナガバノウナギツカミ-全体2

上部は葉は小さく、あまり目立ちません。
(2016.10 千葉県 旧・成東町)

ナガバノウナギツカミ-花

花柄に赤い腺毛が見られます。
(2016.10 千葉県 旧・成東町)

ナガバノウナギツカミ-花2

小花柄などにも赤い腺毛がびっしりと見られました。
(2016.10 千葉県 旧・成東町)

ナガバノウナギツカミ-花3

萼の基部付近に黄色い腺体?のようなものが見られましたが、不明。
(2016.10 千葉県 旧・成東町)

ナガバノウナギツカミ-葉

葉の基部がやや横に張り出し、ほこ形になります。
(2010.9 千葉県 旧・成東町)

ナガバノウナギツカミ-葉2

基部があまりほこ形になっていなかったもの。
(2017.10 千葉県 旧・成東町)

ナガバノウナギツカミ-葉3

葉裏に腺点はないようです。縁に微細な毛が並んでいました。
(2017.10 千葉県 旧・成東町)

ナガバノウナギツカミ-茎

茎には下向きの刺が見られます。
(2016.10 千葉県 旧・成東町)

ナガバノウナギツカミ-托葉鞘

托葉鞘は長い筒形で先端は斜めにならず、切り形です。
(2017.10 千葉県 旧・成東町)