(型) ナガボハナタデ -ハナタデの別形状-

top
タデ科 Polygonaceae
花がまばらに付くハナタデです。普通のハナタデもややまばらですが、更にまばらで花穂が長く伸びます。やや暗い林内で見られます。
なお、最近はハナタデにまとめられたようです。

 

2014.10.11 更新
  • 全体
  • 托葉鞘

ナガボハナタデ-全体

花は非常にまばら。
(2008.10 高尾山)

ナガボハナタデ-花

花柄が見られました。ハナタデにもありますが、重なって見えずらい。
(2014.10 千葉市)

ナガボハナタデ-托葉鞘

ハナタデと同じ、筒型で縁毛は長い。
(2008.10 高尾山)