サデクサ

top
タデ科 Polygonaceae
丈は30-100cm、茎はよく分枝し、下向きの刺毛があります。葉は3-8cmの長楕円形~被針形で基部はほこ形で横に伸びる耳があります。葉柄にも2列の刺毛があります。托葉は葉状で縁に歯牙があり、先が糸状になります。
花は枝先に2-5個付き、花弁はなく、萼は白色、先がやや赤味を帯び、花柄には腺毛と短毛があります。

 

2018.9.20 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 托葉鞘
  • 葉・托葉
  • 托葉鞘3

サデクサ-全体

葉の基部は大きく左右に張り出しますが、最上部の葉には見られない事が多い。
(2012.10 静岡市)

サデクサ-全体2

(2012.10 静岡市)


サデクサ-全体3

(2010.10 渡良瀬遊水地)


サデクサ-花
花に花被はなく、花被に見えるのは萼。萼が開いているのが花で、それよりひとまわり大きくて先端が閉じているのは果実ですが、遠目ではこちらのほうが花に見えます。
(2013.9 栃木県渡良瀬遊水地)

サデクサ-花2

花柄には腺毛が密生していますが、よく見るとそれより遙かに短い短毛が見られます。
この写真ではピントが甘く、わかりにくいかもしれません。(2013.9 栃木県渡良瀬遊水地)

サデクサ-葉

葉の基部はは大きく橫に張り出す耳部がある。
(2018.9 静岡市)

サデクサ-葉2

葉裏脈上には刺毛が見られます。葉柄にもある。
(2018.9 静岡市)

サデクサ-托葉鞘

歯牙とその先に毛があります。
(2010.10 渡良瀬遊水地)

サデクサ-葉・托葉鞘

(2010.10 渡良瀬遊水地)


サデクサ-托葉鞘3

最上部では托葉鞘は葉状に拡がらないものも多く見られた。
(2018.9 静岡市)