(型) ウラジロサナエタデ -サナエタデの別形状-

top
タデ科 Polygonaceae
サナエタデのうち、葉裏に綿毛が密生するものです。
丈は30-100cm、葉は披針形~卵状披針形、托葉鞘は筒形で縁毛はない。
なお、学名括弧内は本種ですが、最新ではサナエタデが本種を含むようです。

 

2012.2.18 作成
  • 全体
  • 葉2
  • 托葉鞘

ウラジロサナエタデ-全体

まだ咲き始めのようで、花穂が充分に伸びていません。
(2011.5 静岡市)

ウラジロサナエタデ-花

花色は淡いピンクのものもあります。
(2011.5 静岡市)

ウラジロサナエタデ-葉

葉は披針形~卵状披針形、中央に黒い斑の入るものもあります。
(2011.5 静岡市)

ウラジロサナエタデ-葉2

葉裏には毛が密生し、白っぽく見えます。
(2011.5 静岡市)

ウラジロサナエタデ-托葉鞘

托葉鞘は筒型で毛は見られません。
(2011.5 静岡市)