ウラジロタデ

top
タデ科 Polygonaceae
丈は30-100cm、茎には下向きの毛が見られます。葉は10-20cm、の長卵形~卵形、基部は切形~くさび形で裏面に綿毛があって白い。托葉鞘は膜質。
花は円錐状に総状花序が集まって付き、萼は黄色味を帯び、5深裂で長さ2-3mm。果実は広い3翼が見られます。
良く似たオンタデは新葉を除き葉は無毛。

 

2016.8.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 雄花序
  • 雌花序
  • 花3
  • 葉2
  • 托葉鞘

ウラジロタデ-全体

この山は、この花ばかりが沢山あります。
(2009.7 栃木県那須連山)

ウラジロタデ-全体2

稜線では丈が低かった。
(2016.8 栃木県那須連山)

ウラジロタデ-全体3

果実ができはじめている状態。
(2016.8 栃木県那須連山)

ウラジロタデ-花

(2006.8 白馬岳)


ウラジロタデ-花2

(2009.7 栃木県那須連山)


ウラジロタデ-花3

咲き始めの雄花序。
(2008.7 北ア・白馬岳)

ウラジロタデ-実

(2016.8 栃木県那須連山)


ウラジロタデ-葉

葉裏は白く見えます。枠の部分を拡大すると・・・葉2へ・・・
(2016.8 栃木県那須連山)

ウラジロタデ-葉2

葉裏には毛が密生。
(2016.8 栃木県那須連山)

ウラジロタデ-托葉鞘

托葉鞘は膜質。
(2016.8 栃木県那須連山)