コカナダモ

top

トチカガミ科 Hydrocharitaceae
沈水性植物。日本に来たしているのは雄株のみで、栄養繁殖で増えています。
茎は長さ1mほどになります。葉は2-4枚が輪生、6-15mmでオオカナダモより小さく、細かな鋸歯があってよじれて反り返ります。
花は葉腋の鞘から水面に柄を伸ばして咲き、花弁は3個。

 

2014.8.25 更新
  • 全体
  • 全体2

コカナダモ-全体

(2014.8 栃木県芳賀町)


コカナダモ-全体2

(2019.11 新潟県 旧・山古志村)


コカナダモ-葉

葉は3枚が輪生。鋸歯はないかごく微細。
(2014.8 栃木県真岡市)