スブタ / ミカワスブタ

top

トチカガミ科 Hydrocharitaceae
水田雑草ですが、激減している植物。
(共通) 葉は全て根生しているように見え、長さ10-20cmの広線形で縁に微細な鋸歯があります。葉腋から長さ1cmほどの小さな花を水上に付けます。
(スブタ)種子の表面に突起があり、両端に尾状に長く伸びた突起がある
(ミカワスブタ)種子の表面に突起はなく、種子の両端も長く伸びない
(注) ミカワスブタは環境省では種として未確定と判断されているものと思われます。絶滅危惧リストでは未指定となっていますが、スブタより希少で実質は1類相当と思われます。

 

2014.8.22 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • スブタと他種の違い

スブタ-全体

午前中は気づきませんでしたが、午後になると一斉に花が開き始めました。
(2014.8 栃木県芳賀町)

スブタ-全体2

午前中は気づきませんでしたが、午後になると一斉に花が開き始めました。
葉先が何者かに食べられたようで、多くはなくなっていました。(2014.8 栃木県芳賀町)

スブタ-全体3

周囲の田んぼにはありませんでしたが、この田んぼだけには沢山見られました。
(2014.8 栃木県芳賀町)

スブタ-花
花は葉腋に付きます。
柄に見える基部の太い部分が子房で膜質の苞鞘に包まれています。 そこから折れ曲がって長い花柱が水上まで伸びて3弁花が付く。(2014.8 栃木県芳賀町)

スブタ-花2

花は1cm程度で普通白、希にピンク。花弁(内花被)3枚は線形、萼(外花被)3枚、
雄しべ3個、花柱3裂。子房はこの写真の遙か下。(2014.8 栃木県芳賀町)

スブタ-葉

葉は全て根生しているように見えます。中央の葉脈から横に伸びるシワ状の葉脈が
目立ちます。周囲に見える水草はシダの仲間のシャジクモ。(2014.8 栃木県芳賀町)

スブタ-葉2

葉の縁に上向きの鋭い鋸歯が見られます。藻などが絡んでいることが多くて
鮮明に写せたのはこれ1枚だけでした。(2015.9 栃木県芳賀町)

このページの写真は、当初「スブタ」と思って掲載したところ、ここのものは「ミカワスブタ」である可能性があるとの指摘を頂きました。
が、掲載した写真の範囲では両者には差はなく、そもそも筆者はマルミスブタ以外では種子も確認しておりませんので、とりあえず併記とさせて頂きました。(いずれ再修正したいと思います)

マルミスブタ、ヤナギスブタを加えて4者を比較すると・・・

 
スブタ
ミカワスブタ
種子
表面に突起がある
表面は平滑
種子
両端に
尾状突起がある
尾状突起はない
極めて短い
明瞭



(2015.9.8 追加修正)