ハクサンタイゲキ

top

トウダイグサ科 Euphorbiaceae
亜高山帯を中心に見られるトウダイグサ。ノウルシに似ています。
丈は40-50cm、茎葉は狭長被針形で5-7cm、互生、葉裏脈上に毛が見られます。茎頂にふつう5枚が輪生し、同数の枝を放射状に伸ばして杯状花序を付けます。更に3分を繰り返す。
花序に付く苞葉は菱状卵形で先端は尖り、やや黄色味を帯び、腺体は楕円形、子房にはまばらに不明瞭なイボ状突起と長毛が見られます。

 

2018.7.23 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3

ハクサンタイゲキ-全体

やや湿った草原帯でよく見られました。
(2018.7 北ア・八方尾根)

ハクサンタイゲキ-全体2

(2018.7 北ア・八方尾根)


ハクサンタイゲキ-全体3

赤みを帯びるものも多くありました。
(2009.6 長野県八方尾根)

ハクサンタイゲキ-花

5分岐が普通のようですが、前後のものも見られます。
(2009.6 長野県八方尾根)

ハクサンタイゲキ-花2

(2018.7 北ア・八方尾根)


ハクサンタイゲキ-花2

腺体は腎円形、子房に不明瞭な突起があり、長毛が見られます。
(2013.8 長野県白馬尻)

ハクサンタイゲキ-葉

葉は長楕円形で他のトウダイグサ同様、葉脈の白さが目立ちます。
(2009.6 長野県八方尾根)

ハクサンタイゲキ-葉2

葉裏。ここのものは多くは無毛でしたが、軟毛が見られるものもあるようです。
(2018.7 北ア・八方尾根)

ハクサンタイゲキ-葉3

茎頂の葉はふつう5輪生ですが、多少前後する。
(2018.7 北ア・八方尾根)

ハクサンタイゲキ-茎

茎は無毛でしたが、長毛が見られるものもあるようです。
葉は互生ですが、接近して付くことも珍しくない。(2018.7 北ア・八方尾根)