ノウルシ

top

トウダイグサ科 Euphorbiaceae
春の早い時期にもかかわらず、湿性地に大群落を作って一面を黄色に染めます。
丈は30-50cm、茎葉は狭長楕円形~被針形で5-6cm、茎頂に倒被針形の葉を5枚輪生し、その葉腋から放射状に5本枝を出して花序を付けます。
花序には鮮やかな黄色の総苞葉が付き、腺体は広楕円形、子房にはイボ状の突起が多数見られます。

 

2019.5.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 花2
  • 実2
  • 葉2
  • 芽出し
  • 芽出し2
  • 風景

ノウルシ-全体

鮮やかな黄色は総苞葉。
(2010.4 茨城県 旧・水海道市)

ノウルシ-全体2

(2013.5 青森県六ヶ所村)


ノウルシ-全体3

芽出しのものもあれば、咲きだしたものもありました。咲きだしたものの丈は、まだ10cm強。茎の基部は芽出しの時と同じ赤色のままでした。 (2017.3 茨城県 旧・水海道市)

ノウルシ-全体4

(2017.3 茨城県 旧・水海道市)


ノウルシ-全体4

茎の先端に葉が5枚輪生し、葉腋から放射状に柄を出して1つずつ花序を付けます。
(2010.4 茨城県 旧・水海道市)

ノウルシ-花序

子房の表面には、小さな突起が見られます。
(2009.4 栃木県・渡良瀬遊水池)

ノウルシ-花2

苞葉が開いて咲き始めた状態。
(2015.3 茨城県 旧・水海道市)

ノウルシ-実

若い果実。突起がはっきりし始めています。
(2019.5 静岡県富士市)

ノウルシ-実2

だいぶ成熟した果実。突起が明瞭に・・・。
(2014.5 栃木県渡良瀬遊水地)

ノウルシ-葉

茎葉は狭長楕円形~被針形。
(2017.3 茨城県 旧・水海道市)

ノウルシ-葉2

葉裏に軟毛が密生します。
(2015.3 茨城県 旧・水海道市)

ノウルシ-茎

(2015.3 茨城県 旧・水海道市)


ノウルシ-芽出し

群生するだけに、芽出しもすごかった。始めからまっすぐ上に立ち上がってくる。
(2017.3 茨城県 旧・水海道市)

ノウルシ-芽出し2

おそらく、花の付かない若い株。葉が展開し始めたところ。
(2017.3 茨城県 旧・水海道市)

ノウルシ-風景

丈はまだ30-40cmほど。後方の土手は桜が満開。
(2010.4 茨城県 旧・水海道市)