センダイタイゲキ

top

トウダイグサ科 Euphorbiaceae
丈は30cmほど、茎葉は互生し狭長楕円形~狭被針形で6cm、茎頂に5枚前後輪生し、その葉腋から枝を放射状に伸ばして花序を付けていきます。
花序に付く苞葉は幅広の三角状~腎形腺体は両端も太い三日月形、先端は丸く尖りません。子房にはイボ状突起はない
雌花がしばしば不稔となるそうです。

 

2017.4.22 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 葉5 (参考)

センダイタイゲキ-全体

下部の葉はややまばらな印象。不稔が多く、子房はなかなか確認できなかった。
(2017.4 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-全体2

(2017.4 茨城県阿見町)


センダイタイゲキ-全体2

花も終わり頃の様子。
(2015.5 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-全体

30株くらいが小川のほとりにまとまって咲いていました。
(2012.5 栃木県那須町)

センダイタイゲキ-花

腺体は先の丸まった三日月型で茎頂から直接伸びる最初の花を除いて4つ。
最初の花には子房がなく、腺体は5つ。(2015.5 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-花2

花柱は3裂。
(2015.5 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-花3

中央は5分岐した枝の最初の花序、どの株も、この位置の花序に子房が見られなかった。
不稔のようです。中央の花序の赤いものは小苞片と思われます。

センダイタイゲキ-花3

中央は不稔、右も未だ子房が見られないことから不稔なのかもしれない。
(2015.4 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-実

果実は肉眼では平滑に見えますが・・・。
(2014.5 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-実2

非常に微細な突起で覆われていました。
(2014.5 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-葉

葉は長楕円形が標準のようですが、狭長被針形~狭長倒被針形とバラ付いていました。
(2017.4 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-葉2

花が付かなかった株は花期の後、車状に密に葉を付けていました。
(2014.5 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-葉3

茎頂には5枚の葉が輪生状に付き、5本の花序柄を出します。
(2015.5 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-葉4

葉裏はやや城っぽく、非常に細かな寝た毛があるのではないかと思いましたが、
うまく写りませんでした。(2014.5 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-茎

茎は皆赤く、無毛で稜も見られませんでした。
(2017.4 茨城県阿見町)

センダイタイゲキ-葉5

下部の葉は短く、楕円形~広楕円形のものも見られましたが・・・
(2012.5 栃木県那須町)