ツリフネソウ / シロツリフネ

top

ツリフネソウ科 Balsamimaceae
秋になると、目にする機会の多い花の1つ。
葉は互生で菱状被針形、先がやや長く尖り、縁には鋸歯が見られます。
花弁は3枚で、下側2枚は基部で合着します。萼の1枚は距となって花の後ろ側に付きます。花序柄の下部には赤い毛が見られます。白花品はシロツリフネと呼ばれますが、淡いピンクなどの色も希に見つかります。

 

2018.10.27 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 色違い
  • 同2
  • 同・花
  • 同3
  • シロツリフネ
  • 同・花
  • 同・花2
  • 芽出し

ツリフネソウ-全体

湿った所などで群生しています。
(2018.10 千葉市)

ツリフネソウ-全体

放棄田などでよく見られます。
(2016.9 千葉市)

ツリフネソウ-全体3

上部の葉腋から柄を伸ばして花序を付けます。
(2018.10 千葉市)

ツリフネソウ-花

花弁は3枚ですがうち、左右の下側花弁は大きく、基部で合着し、更に小花弁が付く。
(2010.10 千葉市)

ツリフネソウ-花2

開口部左右に見えるのは下側花弁の小片で、突起状のものが多数見られます。
(2015.9 千葉市)

ツリフネソウ-花3

子房(1)のまわりを花糸が覆い、一度合着、再び離生し、葯でまた合着。
(2)は花柱と思われます。 (2018.10 千葉市)

ツリフネソウ-花4

花の基部に見えるのは3枚の萼のうちの2枚。もう1枚は距を含む大きな袋状になった
後ろ部分全体。花序の軸、花柄、苞、萼、いずれも無毛。(2014.8 長野県白馬村)

ツリフネソウ-花柄

花序の柄の下半分には、赤い毛があります。
(2014.8 長野県白馬村)

ツリフネソウ-葉

葉は菱状被針形。
(2008.8 長野県白馬村)

ツリフネソウ-葉2

葉裏。
(2018.10 千葉市)

ツリフネソウ-変化

こんな色のものも沢山ありました。上側花弁が小さくて萼が目立つのが気になりました。
(2010.9 山梨県三ツ峠山)

ツリフネソウ-色違い2

(2018.10 東京都高尾山)


ツリフネソウ-色違い3

(2018.10 東京都高尾山)


シロツリフネ-参考2

赤い斑が残っているもの。シロツリフネ一歩手前。
(2013.8 長野県小谷村)

シロツリフネ-全体

(f. pallescens) 普通のツリフネソウの中に本種が数株、まとまって見られました。
(2012.8 山梨県 旧・塩山市)

シロツリフネ-花

多くは距の部分に色が残り、黄色っぽくなるようです。
(2007.9 長野県・旧戸隠村)

シロツリフネ-花2

小花弁の形はツリフネソウ。
(2007.9 長野県・旧戸隠村)

ツリフネソウ-芽出し

ツリフネソウの仲間は双葉が大きく、1枚2cmくらいの長さより幅が広い楕円形。
(2014.3 千葉市)

ツリフネソウ-種

種子は4mmほどの楕円状球形。方眼は1mm。