アカモノ

top
ツツジ科 Ericaceae
茎は地を這い、上部は斜上して丈・10-20cm。赤褐色の長毛があります。葉は互生し、革質、1-3cmの卵形で先は尖り、縁に微細な鋸歯があります。
花は上部の葉腋に付き、花冠長さ7mm、白色、先はごく浅く5裂、下向きに咲きます。萼や花柄は赤く、腺のある赤褐色の長毛が見られます。

 

2019.6.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2

アカモノ-全体

高山でよく目にするコケモモツガザクラなどよりやや標高の低い所で見られ、
花期も早い。(2018.6 山形県鳥海山)

アカモノ-全体

(2008.6 岩手県八幡平)


アカモノ-全体3

(2019.6 新潟県松之山町)


アカモノ-花

花冠は長さ約7mm。
(2018.6 山形県鳥海山)

アカモノ-花2

萼は鮮やかな赤色で花柄とともに毛が多く見られます。
(2018.6 山形県鳥海山)

アカモノ-花3

(2018.6 山形県鳥海山)


アカモノ-花4

花柄には小苞が数個ずつ付きます。
(2019.6 長野県山ノ内町)

アカモノ-実

(2007.9 長野県栂池高原)


アカモノ-実2

果実は潰れた球形。小さなトマト形。毛が見られました。
(2016.8 栃木県那須連山)

アカモノ-葉

葉は皮質で卵形、縁に鋸歯が見られます
(2019.6 長野県山ノ内町)

アカモノ-枝

赤褐色の長い毛が見られます。
(2018.6 山形県月山)