ハリガネカズラ

top
ツツジ科 Ericaceae
茎は地を匍い、上向きの固い毛が見られます。
葉は5-10mmの倒卵状楕円形で互生し、革質で上向きの固い毛が散生します。
花は葉腋に1つずつ付き、柄は短く、花冠は鐘形で長さ2mm、径3-4mm、先は4裂します。

 

2019.6.21 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2

ハリガネカズラ-全体

株はいくつも見つかりましたが、花の付いていないものが大半で、やっと見つけました。
(2019.6 長野県山ノ内町)

ハリガネカズラ-全体2

ほとんど陽の当たらない場所のほうが花が付きやすいようでした。
(2019.6 長野県山ノ内町)

ハリガネカズラ-全体3

(2019.6 長野県山ノ内町)

ハリガネカズラ-全体4

針葉樹の根元に1m四方に広がっていました。
(2019.6 長野県山ノ内町)

ハリガネカズラ-花

花冠はやや潰れた鐘形、先は4裂、萼片は三角状、
花の基部に2つの対生する苞がある。(2019.6 長野県山ノ内町)

ハリガネカズラ-花2

(2019.6 長野県山ノ内町)


ハリガネカズラ-蕾

(2019.6 長野県山ノ内町)


ハリガネカズラ-葉

葉は長さ5-10mm。形は多くは広楕円形に見えました。図鑑等には記載が
ありませんでしたが、微細な鋸歯があるように見えました。(2019.6 長野県山ノ内町)

ハリガネカズラ-葉2

葉裏。粗く固い毛が見られました。新枝にも同様の毛が見られた。
(2019.6 長野県山ノ内町)