コケモモ

top
ツツジ科 Ericaceae
実がおいしくてジャムにされたりもするおなじみの植物です。
常緑矮性低木。茎は地を這い、斜上して丈は5-15cm。
葉は8-25mmの長楕円形で円頭、革質で強い光沢があり、しばしば黒い点があり、ふつう鋸歯は目立たない。
花は3-8個が総状に付き、6mmの鐘形でやや細く、先が4裂し、少し外に開きます。萼も4裂し裂片は三角状。果実は5-7mmの球形で赤く熟します。

 

2017.12.29 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 果期
  • 花2
  • 花3

コケモモ-全体

(2007.6 北海道礼文)


コケモモ-全体2

花は総状に付きます。3-8個とあるが、もう少し多いように見えます。
(2019.6 静岡県富士山)

コケモモ-全体3

(2013.6 秋田県駒ヶ岳)


コケモモ-全体4

全体に赤みの少ないもの。
(2013.6 秋田県駒ヶ岳)

コケモモ-果期

果期。
(2009.10 北ア・穂高岳)

コケモモ-花

花冠は鐘形、花柱は飛び出ます。
(2019.6 静岡県富士山)

コケモモ-花2

萼裂片は三角状。
(2019.6 静岡県富士山)

コケモモ-花3

花冠の先端は4裂。
(2019.6 静岡県富士山)

コメモモ-実

まだちょっと酸っぱそう。
(2017.9 長野県湯の丸高原)

コケモモ-葉

遠目ではほとんど気づけない鋸歯があります。縁は少し裏面に反っています。
(2019.6 静岡県富士山)