サツキ

top
ツツジ科 Ericaceae
園芸用「さつき」の野生種。
半常緑低木で丈は0.1-1m程度、自生の多くは0.2-0.4m程度、葉は2-3.5cmの被針形~広被針形でやや厚みがあって光沢があり、両面に毛が見られます。
花は3.5-5cmで朱色、上側裂片にエンジ色の斑点が見られます。雄しべは5。

なお、園芸用の「さつき」はほとんどがマルバサツキ(鹿児島以南に自生)との交配種と思われます。本種は渓流に適応した種と思われ、岩に張り付くように拡がるものが多く見られました。

 

2016.6.15 作成
  • 全体
  • 全体2
  • <参考>葉
  • <参考>葉2

サツキ-全体

庭に植えられることも多いので園芸種のようにも感じますが、歴とした在来野生種。
(2016.6 長野県大桑村)

サツキ-全体2

沢沿いの水際に近い岩場などで見られました。
(2016.6 長野県大桑村)

サツキ-花
上側裂片に斑が見られます。
雄しべ5本のはずが、8本くらいに見えてしまっていますが、陰が写り込んでいるためで、
紛らわしい写真で申し訳ありません。(2016.6 長野県大桑村)

サツキ-葉

園芸種で撮影したもの。マルバサツキとの交配種の可能性あり。
(2016.6 千葉市) <植栽>

サツキ-葉2

(2016.6 千葉市) <植栽>