スノキ

top
ツツジ科 Ericaceae
1-2mの落葉低木。本年枝は緑色又は赤い。
葉は互生し、1-3.5cmの倒卵形~楕円形、鋭頭、縁にやや裏面に反り、細鋸歯が見られます。
花は前年枝の葉腋に1-4個下向きに付き、花冠は長さ5mmの鐘形で先は浅く5裂し、裂片は少し反ります。花色は白緑色でしばしば赤色を帯びます。花柱は花冠と同長か、わずかに飛び出ます。
果実は7-9mmの球形で夏に紫黒色に熟します。

*1 オオバスノキを含む

 

2018.6.8 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2
  • 枝2

スノキ-全体

大きな岩がゴロゴロしているような所に沢山ありましたが、みんな蕾で、
風当たりの弱い所で1株だけ咲き始めていました。(2018.6 長野県八ヶ岳)

スノキ-全体2

(2018.6 長野県八ヶ岳)


スノキ-花

花冠は長さ5mm、先は浅く5裂して少し反る。萼片は低い三角状。
(2018.6 長野県八ヶ岳)

スノキ-花2

雄しべは10個で葯の上部が管状に伸びるとされています。この写真では
雄しべの下方にある膨らみが葯ということなのだろうか?(2018.6 長野県八ヶ岳)

スノキ-葉

葉は倒卵形~楕円形で縁がやや裏面に反っていて鋸歯が見えにくい。
(2018.6 長野県八ヶ岳)

スノキ-葉2

ふつう裏面は無毛ですが、若い葉で撮影したので、少し毛が見られたのかもしれません。
(2018.6 長野県八ヶ岳)

スノキ-枝2

本年枝
(2018.6 長野県八ヶ岳)

スノキ-枝2

(2018.6 長野県八ヶ岳)