ウラシマツツジ

top
ツツジ科 Ericaceae
花の時期はまだ新葉は完全に開いておらず、前年の枯れた葉に囲まれるなどの姿で見られます。
茎は地を這い、上部は斜上します。葉は花後に新葉を展開し、2-5cmの倒卵形、先は丸く、表面は光沢がありますが、細脈が凹んで編み目模様となります。秋には真っ赤に紅葉します。
花は枝先に総状に2-5個付き、底が広いつぼ型で5mmほどのクリーム色で、先は浅く4-5裂。

 

2016.2.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 紅葉
  • 紅葉2
  • 紅葉3

ウラシマツツジ-全体

花は葉が芽吹くより少し早く、葉と一緒に見れない事が多い。
(2009.6 八ヶ岳)

ウラシマツツジ-全体2

花と葉を同時に見られることもないわけではありません。
(2014.6 八ヶ岳)

ウラシマツツジ-花

花は5mmで底が広いつぼ形でフラスコのような形。花冠裂片はごく小さく、反り返ります。
花冠、萼、柄、苞はほぼ同色。花冠裂片先端に毛が見られました。(2014.6 八ヶ岳)

ウラシマツツジ-葉

花が終わると葉が展開します。倒卵形で光沢があり、
脈に沿って細かな凹凸が見られます。(2006.8 長野県白馬大池)

ウラシマツツジ-紅葉

秋は赤く紅葉します。
(2011.9 八ヶ岳)

ウラシマツツジ-紅葉2

稜線斜面を覆って綺麗でした。
(2013.9 南ア・北岳)

ウラシマツツジ-紅葉3

赤く色づいているのは全て本種。写真は9月上旬ですが、紅葉しているのは6-7割なので、
もう少したてば、きっと、もっと見事かも・・・。(2013.9 山梨県北岳)