ヤツデ

top
ウコギ科 Araliaceae
丈が1-2mの常緑の低木。
葉は枝先に集まって付き、葉身は長さ20-40cmで掌状に7-9深裂し、裂片には鋸歯があります。基部は心形。
球形の散形花序が円錐状に付き、上部の花序には両性花花序が、下部には雌花花序が付きます。花は花弁5、雄しべ5。

 

2018.3.4 更新
  • 全体
  • 花2

ヤツデ-全体

鳥が果実を食べるので、郊外では庭などでもよく芽吹きます。
(2015.11 千葉県 旧・岬町)

ヤツデ-花

球形の散形花序が円錐状に付く。
(2015.11 千葉県 旧・岬町)

ヤツデ-花2

両性花。
(2015.11 千葉県 旧・岬町)

ヤツデ-実

若い果実。
(2018.3 千葉県館山市)

ヤツデ-葉

「八ツ手」の名のとおり、掌状に7-9裂。
(2015.11 千葉県 旧・岬町)