スズメウリ

top
ウリ科 Cucurbitaceae
カラスウリに比べて小さいことが名の由来。雌雄同株だったり異株だったりと不定。
葉は卵心形~三角状心形で、先は尖り、縁は粗い鋸歯があり、時に浅く裂けます。両面に毛がありザラつく。
花は葉腋に1つ付き、径6-7mm。果実は1.5-2cmほどで白く熟します

 

2018.10.30 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 葉2
  • 参考

スズメウリ-全体

カラスとスズメはペアで使われることが多く、カラスウリより小さいからスズメウリ。
(2015.9 千葉市)

スズメウリ-全体2

雌花のすぐ下にある大きな子房が目立ちます。
(2007.9 千葉市)

スズメウリ-全体3

(2018.10 千葉県東金市)


スズメウリ-花

雄花。腺毛が多く見られました。
(2015.9 千葉市)

スズメウリ-花2

雄花。基部に子房がない。花柄にまばらに毛が見られました。
(2015.9 千葉市)

スズメウリ-花3

雌花。雄花より少し小さい。
(2015.9 千葉市)

スズメウリ-花4

雌花。基部の膨らみは子房。
(2015.9 千葉市)

スズメウリ-葉・実

果実は球形~卵球形で1.5-2cm。熟すと白くなります。写真は若い果実ですが、
既に15mm近い大きさ。(2015.9 千葉市)

スズメウリ-実2

白く熟します。
(2015.10 千葉市)

スズメウリ-葉

葉は三角状心形で粗い鋸歯があり、不規則に浅く裂けるものも少なくないようです。
葉表には細かい毛が見られました。(2015.9 千葉市)

スズメウリ-葉2

葉裏脈上には長毛があり、葉柄の葉表に続く面(写真の右側の面)には上向きの毛が
多く見られました。茎の節周辺にも毛が見られました。(2015.9 千葉市)

スズメウリ-参考

極端に裂けて鋸歯の鋭い形状の葉。標準の範疇に入れて良いか迷いました。
(2015.9 千葉市)