タチドコロ

top
ヤマノイモ科 Dioscoreaceae
株の茎は自立しますが、上部は蔓状です。葉は長さ5-10cmの三角状で縁に細かな波状の鋸歯が見られるものもあります。葉柄は長く、基部が太い。珠芽はできない。
雄花序は立ち上がりますが、軟弱でややしな垂れるような感じで、花は完全雄しべは3、仮雄しべ3雌花序は下垂します。花色は黄色~オレンジ色
果実は3翼のある扁円形で幅18-20mm。

 

2019.5.30 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3

タチドコロ-全体2

雄株の花序。葉が全縁で花が橙色を帯びるもの。
(2014.6 山梨県忍野村)

タチドコロ-全体

雌株の花。葉の縁が細かな鋸歯縁で花が黄色味を帯びたもの。
(2012.6 東京都高尾山)

タチドコロ-全体3

雌株。
(2019.5 茨城県 旧・真壁町)

タチドコロ-花

雄花。ほとんどオレンジ色でしたが、一番下の咲き始めたばかりものは黄緑色で、
はじめからこの色ではないようです。完全雄しべは3。(2014.6 山梨県忍野村)

タチドコロ-花2

雄花。雄しべは6個有りますが、3個は退化して葯がついているのは3個だけ。
(2012.6 東京都高尾山)

タチドコロ-花3

雌花。子房が膨らみ始めている。
(2019.5 茨城県 旧・真壁町)

タチドコロ-花4

雌花。雄しべ6あるも、3つは仮雄しべで葯はなく、3つは未熟で花粉は付かない。
花柱は3裂し、先が2分していました。(2019.5 茨城県 旧・真壁町)

タチトセコロ-葉

カエデドコロほどではありませんが、葉身の基部がわずかに
耳状に張り出すものも多く見られました。(2014.6 山梨県忍野村)

タチドコロ-葉

葉は三角状で、縁に細かな波状の鋸歯が見られます。
(2012.6 東京都高尾山)

タチドコロ-葉3

葉の縁に細かく不規則な鋸歯のようなものが確認出来ました。
(2014.6 山梨県忍野村)