クモマグサ

top
ユキノシタ科 Saxfragaceae
丈は2-10cm、葉は1-2.5cmの倒被針形、しばしば3浅裂、肉厚で縁に腺毛があり、葉表にも粗い毛があります。 花茎にもふつう1個、長楕円形の葉が付きます。
花は茎頂に1-4個付き、径1.3cm、花弁の基部は柄状に細まります。雄しべは10個。
ごく希に、雄しべが花弁化した八重咲きのものが見られます。

 

2016.3.11 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2

クモマグサ-全体

茎は地を匍って広がり、マット状になります。
(2008.7 北ア・白馬岳)

クモマグサ-全体2

(2009.8 北ア・白馬岳)


クモマグサ-全体3

(2009.8 北ア・白馬岳)


クモマグサ-花

萼。花弁ともに5個。花弁間に隙間があります。
(2009.8 北ア・白馬岳)

クモマグサ-花2

花茎は腺毛が見られます。分枝して複数花が付きます。
(2009.8 北ア・白馬岳)

クモマグサ-葉

葉は全縁もしくは浅く2-3裂し、毛が散生します。
(2008.7 北ア・白馬岳)

クモマグサ-蕾

(2006.8 北ア・白馬岳)