ニッコウネコノメ

top
ユキノシタ科 Saxfragaceae
イワボタンの変種で、萼裂片が緑色で平開~斜開、裂開前の葯は赤く苞が黄色くなるもの。ヨゴレネコノメとの違いは全体に紅紫色を帯びず、萼裂片は平開~斜開、雄しべは8本。
他は共通で、丈は3-15cm、茎葉は1-2対、卵円形から卵状楕円形、根生葉は広卵形~狭卵形、長柄があり、灰色の斑が入ります。茎は赤い。 雄しべは萼裂片より長い。苞は楕円形から楕円状被針形、葉と同じ灰色の斑が入ります。

 

2018.4.26 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • <参考1>
  • 同2
  • <参考2>
  • 同2

ニッコウネコノメ-全体

小型の株のものが多いように見えます。
(2013.4 茨城県高萩市)

ニッコウネコノメ-全体2

(2015.3 茨城県 旧・真壁町)


ニッコウネコノメ-3

(2015.3 茨城県 旧・真壁町)


ニッコウネコノメ-全体4

(2012.4 千葉県君津市)


ニッコウネコノメ-全体2

苞は黄色、萼は平開とありますが、初めはあまり開かないようです。
(2013.4 茨城県高萩市)

ニッコウネコノメ-花2

花柱2つが長く飛び出します。雄しべは8つで裂開前の葯は赤い。
(2015.3 茨城県 旧・真壁町)

ニッコウネコノメ-花2

葯が裂開するころに愕は平開するようです。
(2011.4 山梨県忍野村)

ニッコウネコノメ-全体

茎葉は対生ですが、互生するものもあるようです。灰色の斑が入ります。
(2013.4 茨城県高萩市)

ニッコウネコノメ-葉

花のつかない葉。
(2011.4 山梨県忍野村)

ニッコウネコノメ-茎

茎は無毛。下にある有毛のものは、同所的にあったハナネコノメの走出枝。
(2015.3 茨城県 旧・真壁町)

ニッコウネコノメ-参考1

萼が平開しないもの。それ以外は本種に疑いはないのですが・・・。
(2013.4 宮城県仙台市)

ニッコウネコノメ-参考1.2

<参考>の花のアップ。
(2013.4 宮城県仙台市)

ニッコウネコノメ-参考2

苞葉が黄色くなく、母種のイワボタンに近いもの。葯が赤いので本種としました。
このエリアのものは、みんなこんな感じ。(2018.4 群馬県 旧・新治村)

ニッコウネコノメ-参考2.2

(2018.4 群馬県 旧・新治村)