シロバナネコノメソウ <暫定>

top
ユキノシタ科 Saxfragaceae
萼裂片が白く、全体に毛の多いネコノメソウ。
丈は5-10cm、茎葉は対生で1-2対、扇状円形~腎円形で基部はくさび型で5-9個の鋸歯があり、柄に長毛があります。茎は赤い。根生葉は花期には枯れます。
花に花弁はなく、萼裂片は先が尖り白色で斜開、花後は淡緑色。雄しべは8個で萼裂片と同長かやや長く、裂開前の葯は暗紅色

 

2012.2.13 作成
  • 全体

シロバナネコノメ-全体

全体に長い毛が沢山ありました。花は終わりかけでした。本種は近畿以西の分布なので
違和感はありましたが・・・。(2008.4 静岡県富士宮市)

シロバナネコノメ-花

萼片は白でハナネコノメよりやや細くて先が尖り気味、雄しべは8本で葯は赤。
何より、葉面の毛がとても目立ちました。(2008.4 静岡県富士宮市)

シロバナネコノメ-葉

葉の表面にも長い毛がありました。
(2008.4 静岡県富士宮市)