オニユリ

top
  ユリ科 Liliaceae
コオニユリでと並び、野山で目にすることが多いオレンジ色のユリ。鱗茎は「ユリ根」と呼ばれ、食べられます。
丈は1-2m、葉は5-15cmの被針形で、葉腋にむかごが付きます。
花は茎の上部に~20個ほど付き、花被片は7-10cmのオレンジ色で反り返り、暗褐色の斑点があります。花粉は暗褐色。
良く似たコオニユリは、花がやや小さく、葉腋にむかごが付かない。

 

2019.7.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 葉2
  • 葉3
  • むかご

オニユリ-全体

陽当たりの好い防砂林の中に沢山ありました。
(2007.7 千葉県・白子町)

オニユリ-全体2

砂丘上の草地でも見かけました。
(2009.8 新潟県村上市)

オニユリ-花

花はコオニユリより少し大きいようですが、並べてみないとよくわかりません。
(2007.7 千葉県 旧・成東町)

オニユリ-葉

葉腋にむかごが付くのがコオニユリとの違い。
(2019.7 千葉県 旧・成東町)

オニユリ-葉2

葉は被針形~狭被針形。
(2019.7 千葉県 旧・成東町)

オニユリ-葉3

葉裏はやや白く、粒状の付帯物がびっしりと見られました。
縁にも粒状の微鋸歯が見られた。(2019.7 千葉県 旧・成東町)

オニユリ-むかご

むかごは1cm前後あり、紫色。
(2019.7 千葉県 旧・成東町)

オニユリ-茎

茎には鈍い4稜があり、はじめクモ毛が見られますが、後に落ちる。
(2019.7 千葉県 旧・成東町)