ウバユリ

top
  ユリ科 Liliaceae
茎は60-100cm、葉は中部以下に集まって付き、15-25cmの卵状長楕円形で網状の脈があり、基部は心形、長柄があります。
花は茎頂に数個、総状に付き、長さ7-10cmであまり開かず、横向きに咲き、強い芳香があります。花被片は倒被針形で白緑色で褐色の斑があります。果実は楕円状球形で4-5cm。
オオウバユリはより大型で、葉の幅が広く広卵形、10-15cmの花が10-20個付きます。

 

2017.8.28 更新
  • 全体

ウバユリ-全体

オオウバユリ
と比べて花数が少なく、10輪程度までです。
(2008.8 長野県・旧大岡村)

ウバユリ-葉

葉は茎の中間部に付き、卵状楕円形。
(2008.8 長野県・旧大岡村)

ウバユリ-実

若い果実。
(2017.8 東京都高尾山)