ヤエノアマナ

top
  ユリ科 Liliaceae
アマナの八重咲き品種。
雄しべの一部が花弁化しています。葉は2枚で線形、苞は2つで母種と同じ。
千葉県内の1カ所でのみ自生しています。

「日本の野生植物」ではチューリップ属の見解。

 

2013.3.24 作成
  • 全体
  • 花2


5x10mほどの場所に八重咲きのみが群生していました。1株から複数の花柄が立ち上がって
いるものも多く見られ、周囲に普通のアマナはありませんでした。(2013.3 千葉県)

ヤエノアマナ-花

雄しべの花糸部分が花弁化したもののようで、その先端部には葯が見られるものもあり、
花粉も付いていました。(2013.3 千葉県)

ヤエノアマナ-花2

花弁化の影響か、葯の形が乱れているものも多い。
(2013.3 千葉県)

ヤエノアマナ-葉

葉は2枚、花柄に線形の苞が2枚。
(2013.3 千葉県)