ヤマユリ

top
  ユリ科 Liliaceae
説明不要の野草の女王・・・日本が最も誇れる野草の1つ。世界最大の百合で、カサブランカなど、多くの観賞用の百合にも改良されて世界中で愛されています。
丈は1-1.5m、葉は10-15cmの被針形で短柄があります。
花は茎頂に横向きに~20個ほど咲き、強い芳香があります。花被片は10-18cmで反り返り、白地に赤い突起があり、中脈付近が黄色。内花被片の幅が少し広い。花粉は赤褐色。

 

2014.7.22 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3

ヤマユリ-全体

野草とはとても思えない、立派な花。野草の女王。
(2012.7 千葉市)

ヤマユリ-全体2

赤い葯がとても似合っています。
(2007.7 千葉市)

ヤマユリ-全体3

この花たけは、高速道路を100km/hで走りながらでも瞬時に確認できます。
東北自動車道福島県内の法面のあちこちで見られました。(2009.8 裏磐梯)

ヤマユリ-花

花の大きさは20cmを越えます。外花被片はやや細く、縁が波立つことが多い。赤い斑の
目立たないものはサクユリと喚ばれ、伊豆にあるそうです。(2007.7 千葉市)

ヤマユリ-花2

花は葉腋から柄を伸ばして付きます。花の基部に苞葉が1枚付く。
(2014.7 千葉市)

ヤマユリ-花3

赤い斑は突起状になっています。
(2016.7 千葉市)

ヤマユリ-茎

茎は丸く、葉の付き方はやや唐突な感じ。
(2014.7 千葉市)